突撃隣のアイドル候補生

自作SSを載せたりニコ動のお気に入りやiM@S【MAD】を紹介してみたり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

亜美真美SS 「兄ちゃん以上恋人未満?」

真美が自分の気持ちに気付く話。

題名が改心の出来。




この間、真美が兄ちゃんにねだって買ってもらった指輪。
きっと駄目だって言われると思ったけど、しょうがないなぁって言って買ってくれた指輪。
それがすっごく嬉しくて、何度も指に嵌めたり取ったりした指輪。
銀色と金色が真ん中で交差してて、まるで亜美と真美みたいな指輪。
でも亜美には秘密にした。
兄ちゃんと真美の秘密にしたかった。
二人だけの秘密に……したかった。

だけどこないだの音楽番組に真美が出たとき、うっかり指輪をつけたまま出て、黒いサングラスの司会のおっちゃんに「お、かわいい指輪だね」って言われちゃった。
その時は褒められて嬉しかった。
それに司会のおっちゃんに「誰から貰ったのかな?もしかして恋人?」なんて言われちゃって……
そしたら兄ちゃんの顔が頭に浮かんで……顔が赤くなるの、自分でもわかった。
でも、それがいけなかったんだね。

収録の次の日に亜美がレッスン室から出てきたとき、真美すごい驚いちゃった。


だって亜美が真美と同じ指輪をしてるんだもん。


二人だけの秘密にしたかった指輪。
司会のおっちゃんに恋人からもらったの?って言われた指輪。
兄ちゃんは、真美が指輪をつけたままテレビに出たから亜美にも買ったんだ。
すぐにそれは気付いた。
二人一役の亜美真美ならしょうがないと思った。
でも、亜美が同じ指輪をしてるのを見た瞬間……胸がキュッて苦しくなって……

「ねぇ真美!兄ちゃんから指輪もらったよ!……あ、真美ももらったんだね!おんなじかな?見して見してー!」

買ってもらった日以来、何度も何度も指に嵌めて眺めていた指輪。
だから亜美がレッスン室から出てきたときに、遠目からでもすぐわかった。
確かめるまでもない。
それは、兄ちゃんが“真美“に買ってくれた指輪と……同じ。
そして亜美が手に、指輪に触れそうになったとき……

「やめてっ!」

と亜美の手を弾いてしまった。

「ま、真美?」

亜美は驚きながらこっちをみてる。

「……っ!」

気付くと、走ってた。
事務所を飛び出して、近くの公園に走ってた。

ねぇ、兄ちゃんは真美に指輪を買ってくれたんじゃないの?
真美だから買ってくれたんじゃないの?
真美に特別に……買ってくれたんじゃ……ないの?
あの時、真美じゃなく亜美がねだってれば……亜美に指輪を……?

涙が込み上げてきた。
次から次へと、ぽろぽろと。
すごく胸が……苦しい。

だけど、

今までわからなかった、兄ちゃんへのもやもやとしたこの気持ち。
今なら、はっきり分かる。



兄ちゃんは、真美と亜美、どっちが、好きなの?



「ま、真美!どうした!?」

真美の後ろに兄ちゃんがいた。
手を膝に付けて、肩で息をしながら。
兄ちゃんの方へ振り向く。
そして、髪を解いて逆を結ぶ。
これで真美は亜美になった。

「真美……?」

「ううん、亜美は亜美だよ?」

「どうしたんだ?ホントに」

「亜美があの時、指輪をねだってれば……亜美に指輪買った?」

「え……?」

突然の質問に兄ちゃんは戸惑ってるみたい。

「あのさ……兄ちゃん」

今度は髪留めをはずした。
アイドルの亜美じゃなく、亜美と双子の真美でもない。

一人の真美として。

きっとこの気持ちを伝えても兄ちゃんには、まだ早いって言われちゃう。
でもやっと気付いたこの気持ち、我慢できない。

もう「兄ちゃん」じゃ、物足りない。




「兄ちゃん……真美ね、真美、兄ちゃんが……!」




(了)

スポンサーサイト

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

SS | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<千早SS 「help with me」 | HOME | 春香SS 「大っ嫌い」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。